[92]  疲れ果て、涙にくれる女性を救え! 【事件編】2

 

 

 

 

ホームズ君は、Aさんのように心理的に疲れ果てて診療所を訪ねてくる人たちに

必ず話すことがある。それはダムの話だ。

 

 

―――ダムは満々と水をたたえてこそ、発電や治水、農業用水の供給、上水道の水源等々、

多岐に亘る機能――働きを果すことができる。

それが長期間雨が降らず、水が干上がり、底が見える状態になったらどうだろう。

全く機能しなくなってしまう。

 

 

長期間のストレスで心身共に疲れ果てた状態は、ちょうど干上がったダムの状態と同じなのだ。

この状況を改善する方法は2つ。

 

ひとつは職場から離れ、身体も心も休ませること。

そしてもうひとつは、適切な薬を服用することだ。

休職と服薬は治療という車の両輪なのである。

 

 

 職場を休むことにためらいを感じているAさんを説得して、2週間の休職診断書を作成した。

同時に、一日一回服用する抗うつ剤を処方して、しばらくの間飲み続けることを勧めた。

 

 

 

 1週間後「職場の配慮で休暇を取り、体調の良い時のみ職場に顔を出している」

と言うAさんの表情は、少しリラックスしているように見えた。

 

 

 3週間後には、主任という責任ある役職を降ろしてもらったと言われていた。

食欲も出てきた。治療を開始して1ヶ月半後には、休暇をとったことによって身体が楽になった。

表情もうって変って明るくなった。

 

 

結局治療に5ヶ月間かかったが、Aさんは職場の思いやりある配慮で、すっかり元気を取り戻したのだった。

 

 

 

 「ホームズ君。Aさん、ずいぶん元気になったね」

 

 「そうだね。誰でも仕事上のストレスに長い間耐えていると、ダムが干上がるようにエネルギーを失ってしまう。

しかし休息と薬の治療で、数ヶ月で元の元気さを取り戻すことが可能なんだよ」

 

 

 「体調が悪い時、背景に心の疲労が隠されていないか、自分でチェックすることも大切なんだね」

 

 「そうなんだ。頭痛、胃腸の不調、食欲低下……色々な身体の症状は、実は心の病気が原因の場合が多いんだよ」

 

 

 

 皆さんも身体の症状が気になった時、ストレスの有無を少しチェックしてみることをお勧めしたいと思う。

 

 

ますむら医院 院長・増村道雄

 

 

★紙面をご希望の方は・・・

「ますむら医院」受付またはコレット編集室まで!

 

 

ますむら医院 

加東市上滝野613-1

Tel. 0795-48-0704 

 

 

ホームズ君のオリジナルホームページができました!

下記のドレスをクリックしてください

https://collect1.wixsite.com/dr-masumura

 

 

 

 

 コレットの連載が本になりました!

 

その症状、あなたに当てはまりませんか?

実際の診察の中で遭遇した約30の「事件」を収録。 

日々の健康管理や病気の治療・予防に

必ず役立つ身近な医療の参考書です。

 

¥1,728/神戸新聞総合出版センター