[87] 高血圧、不眠で悩む高齢者を救い出せ[事件編]

 

心と身体のつながりを、ときほぐしながら

 

 

 5月の中旬、沢の奥深くからグーッ、グーッとくぐもったような鳴き声を響かせているのはヒキガエルだ。

 

 繁殖期が終わる6月。梅雨の雨で水量が増してできた湿地帯の水溜りや、小さな池にその卵が産み落とされる。 

六甲山系の登山道から脇道を辿ると、横池という堰き止め湖に出る。

梅雨の時期は、かつて湖岸であった所にも湖水が満ちて水面が拡がる。

 

 岸辺につき出た木の枝に、白い泡がまとわりついているように見えるのは、産みつけられているモリアオガエルの卵だ。

 この時期は、その真下の岸も湖面に変わっている。

まるで蜉化したオタマジャクシが、うまく湖水に落下してゆけるよう、しつらえてあるかのようだ。

 

 鬱陶しい梅雨の長雨も、森の小さな生命を育くむための、大切な自然の摂理なのである。

 

 

 今回は70才台のお二人に登場して頂くことにしよう。

いつものように読者の方々も、2つの事件の解決に関心を寄せて、健康な毎日の生活維持のために役立てて頂ければと思う。

 

 

【Aさん・75才男性の場合】

 

 Aさんのカルテには、総合病院のC院長先生からの紹介状が挟まれていた。 

 

 「ホームズ君。Aさんは夜になると決まって血圧が200前後になって下がらない。

そのために眠れずに困っていると書いてあるよ」

 

 「フーム。治療をいろいろと受けても下がらない高血圧か……。難事件のようだね」

 

 ホームズ君は改めて、Aさんと、付き添って来られた奥さんに向かって会釈を送った。

「こんにちはAさん。それはお困りでしょうね。血圧が下がらないのですから」

その声に、不安そうに表情を強張らせていた奥さんが、ぎこちなくうなずいてみせた。

 

「お仕事は、何をしておられるのですか」

 Yシャツ姿で背筋をピシッと伸ばしたAさんに、ホームズ君が尋ねた。

 

「薬剤師をしていました」とAさんは、しっかりとした口調で答えた。

「そうですか。たくさんの人たちを助けて来られたのですね」

 

 ホームズ君の言葉に、Aさんははにかむように笑顔を見せた。


 

 


           [次ページへ]

 

 

★紙面をご希望の方は・・・

「ますむら医院」受付またはコレット編集室まで!

 

 

 

 

 

 コレットの連載が本になりました!

 

その症状、あなたに当てはまりませんか?

実際の診察の中で遭遇した約30の「事件」を収録。 

日々の健康管理や病気の治療・予防に

必ず役立つ身近な医療の参考書です。

 

¥1,728/神戸新聞総合出版センター